シャワー/温浴

ゆうなぎ動物病院では、トリミングでのシャンプーをする際、脱臭力と殺菌力に優れたナノバブルオゾンペットシャワー/温浴を使用しています。

※オプションのため別料金がかかります。

ナノバブルオゾン/温浴って何?

空気中の酸素を電気分解してオゾンの気体を作ります。
このオゾンの気体を超微細気泡化したものがナノバブルオゾンです。
通常のシャワーでは届かないからだの隅々まで、ナノバブルオゾン(95万個/1リットル)が行き渡り汚れや雑菌を分解洗浄してくれます。
オゾンの酸化力は自然界ではフッ素に次いで強く、酸化作用により、有機物、無機物を強力に酸化し、殺菌機能を発揮します
オゾンによる殺菌は「溶菌」と呼ばれ強力な酸化作用により細菌の細胞壁を破壊または分解することで行われます。細胞壁を失った細菌は細胞内の成分が外に漏れだして死滅します。また、ウイルスも不活性化しますが、その主原因はRNAリボ核酸を損傷することによります。
また、臭いの分子そのものを酸化分解するので、アンモニアやペット臭も驚くほど消えます

オゾンペットシャワー① オゾンペットシャワー②

ナノバブルオゾンシャワー/温浴の様々な効果

  • 皮膚の改善

    皮膚の再生を活性化します。しっしんのわんちゃん、ねこちゃんの皮膚改善や予防に有効です。
    皮膚マラセチア症や脂漏症、老齢性しっしんの子など、ターンオーバーの正常化を促します。
  • 脱臭

    動物が本来持つ体臭に加え、しっしんや雑菌などによる臭いを分解洗浄します。
  • 仕上がり

    余分な皮脂を分解・洗浄します。あぶらっこいわんちゃん、ねこちゃんもふんわり仕上がります。
    被毛への収れん効果で、たんぱく質の流出を防ぎ、キューティクルのはがれをおさえます。
    水道水の有害物質を分解しますので、ふっくらとした毛並みになります。
※シャンプー時に擦ることで皮膚を傷めてしまうデリケートな皮膚のわんちゃん、ねこちゃんには温浴をおすすめします。

オゾンって安全なの?

空気を原料に作られるナノバブルオゾンはすべて空気に戻ります。
薬品や化成品のように人口的に化合したものではないので残留毒性が無く安全なものです。

自然界の日中で0.01~0.03ppm、海岸・山で0.04~0.06ppmのオゾン濃度があります。海辺や高原のさわやかな空気、そのイメージは感覚だけでなく微量のオゾンによるものです。

トリミング

トリマー 一同、一頭一頭の健康・美容のため、ご満足いただけるよう仕上げさせていただきます!

なぜトリミングをするの?

トリミングによって常に清潔な状態を保つことは、ペットの健康へとつながります。
また、トリミングをするとペットが美しく清潔になるだけでなく、
トリミング時に病気の予防や健康チェック、スキンシップを高めることもできます。

当院では、獣医師との連携により、皮膚・被毛の健康を守るためのケアとして、
病院ならではのシャンプーやトリミングを行っております。

ゆうなぎ動物病院のトリミングの特徴

  • 病院でのトリミング

    獣医師の指導・管理のもとトリミングを行っていますので、老犬や病気のペットも安心してお預けいただけます。そのためお預かり中、皮膚の状態、体調の変化によっては獣医師が診察をさせていただく場合がございます。
    また、病院ならではの薬用シャンプーを取り揃えておりますので、その時の皮膚の状態に応じてシャンプーをお選びいたします。トリミングで使うシャンプーは販売もいたしておりますので、その子にあったシャンプーをご自宅でも継続して使っていただくことができます。

  • コースの選択

    当院でのトリミングでは、一頭一頭の皮膚、被毛をチェックし、トリミングの内容をお話しさせていただきます。
    初回トリミングの方には20~30分ほどのカウンセリングを行います。
    現在、皮膚トラブルに悩まれるわんちゃん、ねこちゃんは多くいます。
    皮膚の赤み、かゆみ、フケ、べたつき、脱毛など、皮膚のトラブルは短期間での完治は難しいとされています。
    そのため皮膚の状態を見極め、上手くコントロールしながら付き合っていくことが大切です。
    良い皮膚状態へと導き、保つためのトリミングを行います。

    スタンダードコース
    ・・・基本的なトリミングケアを行うコースです。

    シャンプーセット
    ベーシック【爪きり・耳そうじ・バリカン(肛門・足裏・腹)】・シャンプー・肛門処置・足まわり
    カットセット
    シャンプーセット+全身カット

    プレミアムコース
    ・・・年齢によって変化する皮膚、被毛に合わせたコースです。

    スタンダードコースに下記内容をプラスします。
    皮膚、被毛に合わせてシャンプーを選択
    ナノバブルオゾンシャワー

    デリケートスキンケアコース
    ・・・デリケートな皮膚のための予防コースです。

    スタンダードコースに下記内容をプラスします。
    皮膚に合わせて薬浴シャンプーを選択
    ナノバブルオゾンシャワー
    その子に合うシャンプーを選び、良い皮膚状態を保つ、肌トラブルにお悩みのワンちゃん・ネコちゃんにおすすめメニューです♡

    メディカルスキンケアコース
    ・・・皮膚病の治療コースです。

    スタンダードコースに下記内容をプラスします。
    獣医師による皮膚の状態確認
    皮膚に合わせて薬浴シャンプーを選択
    ナノバブルオゾンシャワー
    獣医師と連携し、皮膚の状態を把握。薬浴シャンプー、オゾンを使用し、良い皮膚状態へと導くメニューです。
  • 猫ちゃんのトリミング

    猫ちゃんのトリミングも行っております。
    短毛猫ちゃんのシャンプーセット、長毛猫ちゃんのシャンプー・カットセット。短毛猫ちゃんでは抜け毛が多くなったり、長毛猫ちゃんではもつれができてしまったり、爪とぎをあまりしなく爪が伸びてしまったり、油汚れがひどく衛生的にトリミングが必要な場合など当院のトリミングにおまかせください。

    ※カット内容は限られておりますのでご了承下さい。

    ※トリミングを嫌がり作業を進めるのが困難な猫ちゃんについては、事前に飼い主様との相談の上で、獣医師の管理の下、鎮静下でのトリミングを行うことができます。
    (鎮静前に血液検査が必要になります。)

  • ナノバブルオゾンシャワー/温浴

    ナノバブルオゾンとは、空気中の酸素を電気分解した気体を超微細気泡化したもので(マイクロバブルの1/1000の大きさと言われています)、ナノバブルオゾンが毛穴に入り込み除菌・脱臭・皮膚改善の効果が見込め、清潔を保ち、ふんわり仕上がります。
    また、皮膚のトラブルが無い子には皮膚・被毛の健康を守り、皮膚病の子には薬用シャンプーと併用することでの相乗効果が期待できます(固体差があります。オプションになります。体重により料金が異なります)。

ポイントカード

トリミングに来ていただいてる子たちには、ポイントカードをお作りしています。

トリミングにきていただいている方にポイントカードをお渡ししています。
ポイントを貯めていただくと割引券やトリミング後に撮影した写真をプレゼントさせていただきます。

  • オリジナル写真フレーム

    ポイントがたまると、割引券やフォトフレームに入った写真をプレゼント!

  • 手作りシュシュ

    初めての子犬のトリミングのお客様には、限定シュシュプレゼント★

また、7ヶ月までの子犬のトリミング料金は、パピー割引したお値段です。

お手入れFAQ

お手入れの仕方とよくある質問にお答えします。

ワンちゃん・ネコちゃんがお家にやってきた日から、お手入れは必要となります。
体をタオルで拭いてあげることも大切なお手入れのひとつです。自宅でのお手入れは飼い主様とワンちゃん・ネコちゃんとのスキンシップとなり、それがしつけにもつながっていきます。まず、体を触ることから始めましょう。体を触ることに慣れることで、自宅でのお手入れの幅も広がっていきます。

※当院では、爪きり耳そうじ歯みがきブラッシングシャンプーが自宅でできるよう、サポートをおこなっています。

爪きり

爪は伸びてくると内側に巻いていき、肉球にささることがあります。普通はお散歩で歩くときに削れますが、室内犬は伸びすぎていないか注意が必要です。
爪が伸びすぎると爪の中に通っている神経、血管も共に伸びてしまいます。また、犬・猫の足の内側には狼爪という爪があります(無い子もいます)。特にこの爪は地面に触れないので伸びやすく要注意です。
伸びすぎた爪は人間や動物自身を傷つける可能性があるので、定期的なお手入れが必要です。

爪きり紹介→ニッパタイプギロチンタイプ

  • Q:どこまで切ったらいいですか?

    A:爪の中には神経、血管が通ってるため深爪には注意しましょう。
    先端のとがっている部分だけを落とします。
    ひっかかったり、触れても痛くないよう、爪やすりで切り口を丸くします。
    もし出血した場合は、綿花などで圧迫し止血します。

    トリミングFAQ 爪きり図

耳そうじ

耳アカがたまった状態だと耳の病気にかかりやすくなるため、汚れ具合に応じてお手入れが必要です。
ただし耳はデリケートな部分のため、間違ったケアだと逆に炎症の原因になることもあり、注意が必要です。

イヤーローション紹介→エピオティック

  • Q:中のどこまで掃除をしたらいいですか?

    A:綿棒などで奥まで掃除しようとすると、耳の中を傷つけやすいので、
    コットンをイヤーローションで充分に湿らせ指の届く範囲を優しく拭いてあげましょう。
    奥の方は獣医師・トリマーにみてもらいましょう。

  • Q:イヤーローションの水分は耳の中に入っても大丈夫ですか?

    A:乾いたコットンで拭くと皮膚を傷つけてしまいます。
    余分な水分が耳の中に入っても、頭を振り、自分自身で水分を外に飛ばすことができます。

歯みがき

健康に暮らしていくためには歯みがきも大切です。歯みがきを怠ると歯周病になる可能性も高まります。
子犬の時期から歯を触ることに慣れさせることで、歯磨きを習慣づけやすくなります。毎日の歯みがきで、歯の健康を守りましょう。

歯みがき紹介→歯ブラシタイプサックタイプガーゼタイプ

  • Q:歯が黄色くなってきたら歯みがき始めた方がいいですか?

    A:歯みがきは歯石をとるためにするのではなく、歯石予防のために行います。
    歯がキレイな時からの毎日のケアにしましょう。

  • Q:歯ブラシを嫌がって歯みがきがきちんとできません。

    A:初めから歯ブラシを使っての歯みがきは難しいでしょう。
    口を触ることから慣れさせ、歯を触ることに慣れさせ、
    歯みがきペーストを舐めさせてみて、少しずつ磨いていきましょう。
    いろんなタイプの歯みがきがありますので、
    合ったタイプのものを選んであげましょう。

ブラッシング

ブラッシングはできる限り毎日してあげてください。抜け毛を取り除いたり毛玉になることを防ぐだけでなく、皮膚のマッサージや皮膚病の予防にもつながります。また毎日皮膚に触れることで、皮膚の異常を早期に発見することもできるでしょう。
ただしブラッシングするときの力が強すぎると、かえって皮膚を傷つけてしまうこともあるので注意が必要です。
ブラッシングを習慣づけることで、毎日ワンちゃん・ネコちゃんとのコミュニケーションをとりましょう。

ブラシ紹介→ピンブラシスリッカーブラシラバーブラシコーム

  • Q:いろんなタイプのブラシがありますが、どれを使ったらいいですか?

    A:毛の長さによって使うブラシが異なりますので、ご相談ください。

  • Q:毛玉ができてしまったらどうやってとればいいですか?

    A:毛玉をとるためのブラッシングではなく、毛玉を作らないための
    ブラッシングですので、毎日の習慣にしましょう。
    もし、毛玉ができてしまったら、無理にひっぱたりせず、
    少しずつ指でときほぐしながら、優しくといてあげましょう。
    それでもとけない毛玉はトリマーまで声をおかけください。

シャンプー

シャンプーをすることは、動物独特の臭いを軽減させるだけでなく、皮膚病の予防にもつながります。また、皮膚のマッサージにもなるので、血行がよくなり新陳代謝を高めることもできます。
ただし、毎日のシャンプーは必要な脂分を洗い流してしまい乾燥したり、被毛がバサバサになりこともあるので必要ありません(薬用シャンプーでは毎日して良いものもあります)。月に1~2回、シャンプーをすることをおすすめします。
※人用のシャンプーは、動物の皮膚には良くありませんので使わないでください(人と動物では皮膚のphが違います)。

シャンプー紹介→デイリーケアシャンプー薬浴シャンプー

  • Q:シャンプーの種類が多いですが、どんなシャンプーを選べばいいですか?

    A:その時の状態(皮膚・被毛)に合ったものを選ぶべきですので、ご相談ください。

  • Q:目にシャンプーが入ったり、耳に水が入ったらどうすればいいですか?

    A:目にシャンプーが入った場合は、すぐにお湯で目の中を洗い流してください。
    目に異常がみられる場合はすぐに動物病院へ。
    シャンプー後は必ず体をブルブルさせ、耳の中の水分を飛ばさせましょう。

当院では、飼い主様の自宅でのお手入れをサポートするため、シャンプー・道具を販売しています。
選び方や使い方などわからないことはスタッフまでお気軽にご相談ください。

ツール

ご家庭でのお手入れのために、さまざまなツールを販売しております。

爪きり

手順

  1. ①体、爪を切る足が動かないよう保定します。嫌がるワンちゃんは、おもちゃやオヤツなどで気をそらします。
  2. ②先端の尖っている部分を爪きりで切り落とします。
  3. ③爪やすりで切り口を磨きます。

商品

  • ギロチンタイプ

    ギロチンタイプ

    小型・中型・大型犬に最適

  • ニッパタイプ

    ニッパタイプ

    猫・子犬・超小型犬・まき爪に最適

  • 爪やすり

    爪やすり

    爪きり後の切り口を磨くもの

爪きり① 爪きり② 爪きり③

耳そうじ

手順

  1. ①体、顔を動かないよう保定します。
  2. ②ガーゼまたはコットンにイヤーローションをしみこませ、優しく耳の中を届く範囲で拭いてあげます。綿棒は皮膚を傷つけることもあるので使用しないでください。
  3. ③余分な水分を飛ばすため、体をブルブルさせてください。

商品

  • イヤーローション

    イヤーローション

    耳の皮膚を傷つけず汚れをとるもの

耳そうじ① 耳そうじ②

歯みがき

手順

  1. ①顔を動かないよう保定します。
  2. ②上唇をもちあげ、歯と歯ぐきを出します。
  3. ③歯磨きペーストをつけたブラシを口の中にいれ少しずつ磨いていきます。

商品

  • 歯ブラシタイプ

    歯ブラシタイプ

  • ニッパタイプ

    サックタイプ

  • 爪やすり

    ガーゼタイプ

歯みがき① 歯みがき②

ブラッシング

手順

  1. ①スリッカーブラシを使って毛の根元から丁寧にときほぐします。ピンの面が皮膚に対して平行になるようにし、 マッサージするような感じで・・・。
  2. ②コームでクシ通りを確かめながら毛の流れにそって、整えていきます。

商品

  • スリッカーブラシ

    スリッカーブラシ

    毛をかきわけて、根元の毛から丁寧にときほぐします。ピンの面が皮膚と平行になるように使用します。力を入れてブラッシングすると皮膚を傷つけてしまうので、マッサージするような感じでおこないます。

  • ピンブラシ

    ピンブラシ

    片手で皮毛を持ち上げ、根元から毛先にむけてやさしくブラッシングします。ブラシは力を入れずに、軽く手に持って使用しましょう。
    ※主に長毛種に使用

  • ラバーブラシ

    ラバーブラシ

    ラバーブラシは死毛や抜け毛、汚れなどを無理なく落とし、皮毛にツヤを出す効果があります。
    ※主に短毛種に使用

  • コーム

    コーム

    コームはブラッシングの最後にクシ通りを確かめ、皮毛の流れを整えるのに使用します。

ブラッシング① ブラッシング②

シャワー/温浴

ゆうなぎ動物病院では、トリミングでのシャンプーをする際、脱臭力と殺菌力に優れたナノバブルオゾンペットシャワー/温浴を使用しています。

※オプションのため別料金がかかります。

ナノバブルオゾン/温浴って何?

空気中の酸素を電気分解してオゾンの気体を作ります。
このオゾンの気体を超微細気泡化したものがナノバブルオゾンです。
通常のシャワーでは届かないからだの隅々まで、ナノバブルオゾン(95万個/1リットル)が行き渡り汚れや雑菌を分解洗浄してくれます。
オゾンの酸化力は自然界ではフッ素に次いで強く、酸化作用により、有機物、無機物を強力に酸化し、殺菌機能を発揮します
オゾンによる殺菌は「溶菌」と呼ばれ強力な酸化作用により細菌の細胞壁を破壊または分解することで行われます。細胞壁を失った細菌は細胞内の成分が外に漏れだして死滅します。また、ウイルスも不活性化しますが、その主原因はRNAリボ核酸を損傷することによります。
また、臭いの分子そのものを酸化分解するので、アンモニアやペット臭も驚くほど消えます

オゾンペットシャワー① オゾンペットシャワー②

ナノバブルオゾンシャワー/温浴の様々な効果

  • 皮膚の改善

    皮膚の再生を活性化します。しっしんのわんちゃん、ねこちゃんの皮膚改善や予防に有効です。
    皮膚マラセチア症や脂漏症、老齢性しっしんの子など、ターンオーバーの正常化を促します。
  • 脱臭

    動物が本来持つ体臭に加え、しっしんや雑菌などによる臭いを分解洗浄します。
  • 仕上がり

    余分な皮脂を分解・洗浄します。あぶらっこいわんちゃん、ねこちゃんもふんわり仕上がります。
    被毛への収れん効果で、たんぱく質の流出を防ぎ、キューティクルのはがれをおさえます。
    水道水の有害物質を分解しますので、ふっくらとした毛並みになります。
※シャンプー時に擦ることで皮膚を傷めてしまうデリケートな皮膚のわんちゃん、ねこちゃんには温浴をおすすめします。

オゾンって安全なの?

空気を原料に作られるナノバブルオゾンはすべて空気に戻ります。
薬品や化成品のように人口的に化合したものではないので残留毒性が無く安全なものです。

自然界の日中で0.01~0.03ppm、海岸・山で0.04~0.06ppmのオゾン濃度があります。海辺や高原のさわやかな空気、そのイメージは感覚だけでなく微量のオゾンによるものです。

トリミング

トリマー 一同、一頭一頭の健康・美容のため、ご満足いただけるよう仕上げさせていただきます!

なぜトリミングをするの?

トリミングによって常に清潔な状態を保つことは、ペットの健康へとつながります。
また、トリミングをするとペットが美しく清潔になるだけでなく、
トリミング時に病気の予防や健康チェック、スキンシップを高めることもできます。

当院では、獣医師との連携により、皮膚・被毛の健康を守るためのケアとして、
病院ならではのシャンプーやトリミングを行っております。

ゆうなぎ動物病院のトリミングの特徴

  • 病院でのトリミング

    獣医師の指導・管理のもとトリミングを行っていますので、老犬や病気のペットも安心してお預けいただけます。そのためお預かり中、皮膚の状態、体調の変化によっては獣医師が診察をさせていただく場合がございます。
    また、病院ならではの薬用シャンプーを取り揃えておりますので、その時の皮膚の状態に応じてシャンプーをお選びいたします。トリミングで使うシャンプーは販売もいたしておりますので、その子にあったシャンプーをご自宅でも継続して使っていただくことができます。

  • コースの選択

    当院でのトリミングでは、一頭一頭の皮膚、被毛をチェックし、トリミングの内容をお話しさせていただきます。
    初回トリミングの方には20~30分ほどのカウンセリングを行います。
    現在、皮膚トラブルに悩まれるわんちゃん、ねこちゃんは多くいます。
    皮膚の赤み、かゆみ、フケ、べたつき、脱毛など、皮膚のトラブルは短期間での完治は難しいとされています。
    そのため皮膚の状態を見極め、上手くコントロールしながら付き合っていくことが大切です。
    良い皮膚状態へと導き、保つためのトリミングを行います。

    スタンダードコース
    ・・・基本的なトリミングケアを行うコースです。

    シャンプーセット
    ベーシック【爪きり・耳そうじ・バリカン(肛門・足裏・腹)】・シャンプー・肛門処置・足まわり
    カットセット
    シャンプーセット+全身カット

    プレミアムコース
    ・・・年齢によって変化する皮膚、被毛に合わせたコースです。

    スタンダードコースに下記内容をプラスします。
    皮膚、被毛に合わせてシャンプーを選択
    ナノバブルオゾンシャワー

    デリケートスキンケアコース
    ・・・デリケートな皮膚のための予防コースです。

    スタンダードコースに下記内容をプラスします。
    皮膚に合わせて薬浴シャンプーを選択
    ナノバブルオゾンシャワー
    その子に合うシャンプーを選び、良い皮膚状態を保つ、肌トラブルにお悩みのワンちゃん・ネコちゃんにおすすめメニューです♡

    メディカルスキンケアコース
    ・・・皮膚病の治療コースです。

    スタンダードコースに下記内容をプラスします。
    獣医師による皮膚の状態確認
    皮膚に合わせて薬浴シャンプーを選択
    ナノバブルオゾンシャワー
    獣医師と連携し、皮膚の状態を把握。薬浴シャンプー、オゾンを使用し、良い皮膚状態へと導くメニューです。
  • 猫ちゃんのトリミング

    猫ちゃんのトリミングも行っております。
    短毛猫ちゃんのシャンプーセット、長毛猫ちゃんのシャンプー・カットセット。短毛猫ちゃんでは抜け毛が多くなったり、長毛猫ちゃんではもつれができてしまったり、爪とぎをあまりしなく爪が伸びてしまったり、油汚れがひどく衛生的にトリミングが必要な場合など当院のトリミングにおまかせください。

    ※カット内容は限られておりますのでご了承下さい。

    ※トリミングを嫌がり作業を進めるのが困難な猫ちゃんについては、事前に飼い主様との相談の上で、獣医師の管理の下、鎮静下でのトリミングを行うことができます。
    (鎮静前に血液検査が必要になります。)

  • ナノバブルオゾンシャワー/温浴

    ナノバブルオゾンとは、空気中の酸素を電気分解した気体を超微細気泡化したもので(マイクロバブルの1/1000の大きさと言われています)、ナノバブルオゾンが毛穴に入り込み除菌・脱臭・皮膚改善の効果が見込め、清潔を保ち、ふんわり仕上がります。
    また、皮膚のトラブルが無い子には皮膚・被毛の健康を守り、皮膚病の子には薬用シャンプーと併用することでの相乗効果が期待できます(固体差があります。オプションになります。体重により料金が異なります)。

QRコード
facebookページへ
トリマーめぐのひとり言
パピークラス
スタッフ募集
ペットホテル
トリミング
リンク集

ゆうなぎ動物病院について

ゆうなぎ動物病院は大阪市港区夕凪にある動物病院です。「ゆうなぎ動物病院」では、飼い主様には親しみやすく、ペットに優しい、暖かい雰囲気の病院を心がけています。年中無休で土日祝も診療してます。ペットの診療だけでなく、ペットホテルやしつけ教室、トリミングもご提供しています。港区だけでなく、西区・大正区・此花区・住之江区(南港)の飼い主様も多数来院されています。

Copyright 2011 Yuunagi Animal Hospital. All Rights Reserved.
動物取扱業登録
  • 事業所の名称 有限会社ゆうなぎ動物病院
  • 事業所の所在地 大阪市港区夕凪二丁目18番9号
  • 登録に係る動物取扱業の種別 保管
  • 動物取扱責任者の氏名 楠原武哲
  • 登録番号 120001B
ゆうなぎ動物病院