獣医師の一日の流れ

8:30 出社・入院動物の管理

出社して始めに入院動物のチェックをします。
検査や治療が必要な動物の処置を行います。

9:00 午前診察

いろいろな症状をかかえたワンちゃん、ネコちゃんが来院されるため、丁寧でわかりやすい診察を心がけています。

12:30 手術

手術は午前診察と午後診察の間の時間で行います。
ときには、緊急の手術を行うときもあります。

14:00 昼休憩

午後の診察が始まる前にお昼休憩をとります。
スタッフとのコミュニケーションの向上をはかります。

15:00 検査・自由時間

時間がかかる検査はこの時間を利用して行います。
検査が無いときは勉強をしたりしています。

16:00 午後診察

治療が必要な動物を検査・治療を行います。

19:30 カルテチェック

一日に診察したすべてのカルテをチェックします。
治療方針などについて他の獣医師と連携をはかります。

20:00 退社

入院動物のチェックを行ってから退社します。