専門外来

皮膚科専門外来受付中!皮膚科学会認定医による皮膚科専門外来(※皮膚科認定医の初診の前に当院獣医師による診察の受診が必要です。)

専門外来開設の背景

ゆうなぎ動物病院では新しく皮膚科専門外来を開設しています。
皮膚病はわんちゃんにもねこちゃんにも非常に多くみられる病気のひとつです。その原因、症状はさまざまで、その子にあった治療法を見つけることが難しいとも言われており、改善しないことへ悩む飼い主様も多くいらっしゃいます。

そういったペットたちへ『よりよい診療を提供させていただきたい』という思いと『悩みを抱える飼い主様の手助けをさせていただきたい』という思いから皮膚病に特化した診療時間を開設することにいたしました。

ペットの皮膚トラブルでお悩みの飼い主様は是非、ご利用ください。

獣医師の紹介

下浦 宏美先生 VetDermOsaka

下浦 宏美 先生

日本獣医皮膚科学会認定医
岩手大学卒業
神戸市内動物病院勤務
東京農工大学動物医療センター皮膚科研修医
北摂ベッツセンター VetDermOsaka 皮膚科研修医

対応可能なペット

犬・猫 (ウサギ、ハムスター、フェレットはお問合せください。)

診療時間

毎月第2 水曜日 午前10:00~13:00  午後16:00~19:00
(初診1時間、再診30分)
最終予約受付時間 初診 午前12:00 午後18:00
再診 午前12:30 午後18:30

ご予約についての注意事項

  • ①完全予約制です。予約状況により拝見できないこともございますので必ずご予約の上、お越しください。
  • ②皮膚科認定医の初診の前に当院獣医師による診察の受診が必要です。
  • ③当日のご予約ご希望の方はお電話にてご相談ください。
  • ④診察時間が延びた場合は延長料金を頂戴します。

皮膚の病気について

(1)感染症

病原体が体内に侵入することで発症する疾患です。皮膚のバリア機能の低下が起因となります。ウイルスや細菌、真菌(カビ)、寄生虫(ダニ)などが病原体として考えられます。

病例
  • 膿皮症:細菌感染に起因する皮膚炎で、犬でよく認められる皮膚疾患です。
  • 皮膚糸状菌症:皮膚糸状菌(カビ)に起因する皮膚炎で、猫(子猫が多い)でよく認められる皮膚疾患です。人に感染することもあります。
  • ニキビダニ症:ニキビダニというダニの増殖により起こる皮膚疾患で、免疫力の低下が関与すると考えられてます。
  • マラセチア性皮膚炎:マラセチア(カビ)が増えることで起こる皮膚疾患で、外耳炎なども引き起こします。

(2)アレルギー疾患

アレルギーとは生体に有害な免疫応答(体に侵入した異物を攻撃する反応)で、Ⅰ~Ⅳ型に分類されます。皮膚のアレルギー反応は主にⅠ型の反応が主体となり起こり、慢性で痒みを伴う皮膚疾患のことを指します。

病例
  • アトピー性皮膚炎:環境中のアレルギーの元となるアレルゲンが、皮膚から体内に侵入し皮膚炎が生じる疾患です。
  • 食物アレルギー:食べ物の中に含まれるアレルゲンが原因で起こる皮膚炎です。
  • ノミアレルギー性皮膚炎:ノミの唾液や体の一部に対して、アレルギー反応を起こすことで発症する皮膚炎です。

(3)内分泌疾患

内分泌異常により、皮膚に病変が生じることを指します。

病例
  • クッシング症候群:過剰なグルココルチコイド(ステロイド)が原因をとなり起こる疾患で、毛が抜けたり、皮膚が薄くなるなどの症状が認められます。
  • 甲状腺機能低下症:甲状腺ホルモンが少なくなることで起こる疾患で、毛の発育不良やフケが多くなるなどの症状が認められます。

(4)免疫介在性疾患

(2)のアレルギー疾患を除いたアレルギー反応により、免疫系が破綻して生じる皮膚疾患です。

病例
  • 天疱瘡:免疫系の異常により水疱ができる病気です。症状により落葉状、紅斑性、尋常性などの種類があります。Ⅱ型アレルギー反応が主体となり起こります。
  • エリテマトーデス:紅斑性狼瘡と呼ばれ、Ⅲ型のアレルギー応答が主体となり起こる免疫系の異常による皮膚疾患です。

(5)先天性疾患

出生時に素因や特異性、奇形により発症する皮膚の疾患です。

病例
  • エーラスダンロス症候群:遺伝的なコラーゲンの異常により起こる皮膚の疾患です。

(6)角化症

表皮の一番外側にある角質細胞が作られる工程を角化といい、その工程での異常を病変とした疾患です。

病例
  • 先天性角化症:特定の犬種に生じることがある、先天性の角化異常疾患です。

(7)腫瘍

組織、細胞が異常に過剰な増殖することによって生じる疾患のことです。

病例
  • 肥満細胞腫:肥満細胞が異常に増えることで生じます。触ると赤くなることがあります。
  • 黒色腫:ほくろに似た出来物ができ、悪性の場合は早期に切除が必要になります。
  • 皮膚リンパ腫:リンパ球を中心とした免疫担当細胞の異常により生じる皮膚の病気です。
QRコード
facebookページへ
ゆうなぎ動物病院ブログ
パピークラス
スタッフ募集
ペットホテル
トリミング
リンク集

ゆうなぎ動物病院について

ゆうなぎ動物病院は大阪市港区夕凪にある動物病院です。「ゆうなぎ動物病院」では、飼い主様には親しみやすく、ペットに優しい、暖かい雰囲気の病院を心がけています。年中無休で土日祝も診療してます。ペットの診療だけでなく、ペットホテルやしつけ教室、トリミングもご提供しています。港区だけでなく、西区・大正区・此花区・住之江区(南港)の飼い主様も多数来院されています。

Copyright 2011 Yuunagi Animal Hospital. All Rights Reserved.
動物取扱業登録
  • 事業所の名称 有限会社ゆうなぎ動物病院
  • 事業所の所在地 大阪市港区夕凪二丁目18番9号
  • 登録に係る動物取扱業の種別 保管
  • 動物取扱責任者の氏名 楠原武哲
  • 登録番号 120001B
ゆうなぎ動物病院