お手入れFAQ

お手入れの仕方とよくある質問にお答えします。

ワンちゃん・ネコちゃんがお家にやってきた日から、お手入れは必要となります。
体をタオルで拭いてあげることも大切なお手入れのひとつです。自宅でのお手入れは飼い主様とワンちゃん・ネコちゃんとのスキンシップとなり、それがしつけにもつながっていきます。まず、体を触ることから始めましょう。体を触ることに慣れることで、自宅でのお手入れの幅も広がっていきます。

※当院では、爪きり耳そうじ歯みがきブラッシングシャンプーが自宅でできるよう、サポートをおこなっています。

爪きり

爪は伸びてくると内側に巻いていき、肉球にささることがあります。普通はお散歩で歩くときに削れますが、室内犬は伸びすぎていないか注意が必要です。
爪が伸びすぎると爪の中に通っている神経、血管も共に伸びてしまいます。また、犬・猫の足の内側には狼爪という爪があります(無い子もいます)。特にこの爪は地面に触れないので伸びやすく要注意です。
伸びすぎた爪は人間や動物自身を傷つける可能性があるので、定期的なお手入れが必要です。

爪きり紹介→ニッパタイプギロチンタイプ

  • Q:どこまで切ったらいいですか?

    A:爪の中には神経、血管が通ってるため深爪には注意しましょう。
    先端のとがっている部分だけを落とします。
    ひっかかったり、触れても痛くないよう、爪やすりで切り口を丸くします。
    もし出血した場合は、綿花などで圧迫し止血します。

    トリミングFAQ 爪きり図

耳そうじ

耳アカがたまった状態だと耳の病気にかかりやすくなるため、汚れ具合に応じてお手入れが必要です。
ただし耳はデリケートな部分のため、間違ったケアだと逆に炎症の原因になることもあり、注意が必要です。

イヤーローション紹介→エピオティック

  • Q:中のどこまで掃除をしたらいいですか?

    A:綿棒などで奥まで掃除しようとすると、耳の中を傷つけやすいので、
    コットンをイヤーローションで充分に湿らせ指の届く範囲を優しく拭いてあげましょう。
    奥の方は獣医師・トリマーにみてもらいましょう。

  • Q:イヤーローションの水分は耳の中に入っても大丈夫ですか?

    A:乾いたコットンで拭くと皮膚を傷つけてしまいます。
    余分な水分が耳の中に入っても、頭を振り、自分自身で水分を外に飛ばすことができます。

歯みがき

健康に暮らしていくためには歯みがきも大切です。歯みがきを怠ると歯周病になる可能性も高まります。
子犬の時期から歯を触ることに慣れさせることで、歯磨きを習慣づけやすくなります。毎日の歯みがきで、歯の健康を守りましょう。

歯みがき紹介→歯ブラシタイプサックタイプガーゼタイプ

  • Q:歯が黄色くなってきたら歯みがき始めた方がいいですか?

    A:歯みがきは歯石をとるためにするのではなく、歯石予防のために行います。
    歯がキレイな時からの毎日のケアにしましょう。

  • Q:歯ブラシを嫌がって歯みがきがきちんとできません。

    A:初めから歯ブラシを使っての歯みがきは難しいでしょう。
    口を触ることから慣れさせ、歯を触ることに慣れさせ、
    歯みがきペーストを舐めさせてみて、少しずつ磨いていきましょう。
    いろんなタイプの歯みがきがありますので、
    合ったタイプのものを選んであげましょう。

ブラッシング

ブラッシングはできる限り毎日してあげてください。抜け毛を取り除いたり毛玉になることを防ぐだけでなく、皮膚のマッサージや皮膚病の予防にもつながります。また毎日皮膚に触れることで、皮膚の異常を早期に発見することもできるでしょう。
ただしブラッシングするときの力が強すぎると、かえって皮膚を傷つけてしまうこともあるので注意が必要です。
ブラッシングを習慣づけることで、毎日ワンちゃん・ネコちゃんとのコミュニケーションをとりましょう。

ブラシ紹介→ピンブラシスリッカーブラシラバーブラシコーム

  • Q:いろんなタイプのブラシがありますが、どれを使ったらいいですか?

    A:毛の長さによって使うブラシが異なりますので、ご相談ください。

  • Q:毛玉ができてしまったらどうやってとればいいですか?

    A:毛玉をとるためのブラッシングではなく、毛玉を作らないための
    ブラッシングですので、毎日の習慣にしましょう。
    もし、毛玉ができてしまったら、無理にひっぱたりせず、
    少しずつ指でときほぐしながら、優しくといてあげましょう。
    それでもとけない毛玉はトリマーまで声をおかけください。

シャンプー

シャンプーをすることは、動物独特の臭いを軽減させるだけでなく、皮膚病の予防にもつながります。また、皮膚のマッサージにもなるので、血行がよくなり新陳代謝を高めることもできます。
ただし、毎日のシャンプーは必要な脂分を洗い流してしまい乾燥したり、被毛がバサバサになりこともあるので必要ありません(薬用シャンプーでは毎日して良いものもあります)。月に1~2回、シャンプーをすることをおすすめします。
※人用のシャンプーは、動物の皮膚には良くありませんので使わないでください(人と動物では皮膚のphが違います)。

シャンプー紹介→デイリーケアシャンプー薬浴シャンプー

  • Q:シャンプーの種類が多いですが、どんなシャンプーを選べばいいですか?

    A:その時の状態(皮膚・被毛)に合ったものを選ぶべきですので、ご相談ください。

  • Q:目にシャンプーが入ったり、耳に水が入ったらどうすればいいですか?

    A:目にシャンプーが入った場合は、すぐにお湯で目の中を洗い流してください。
    目に異常がみられる場合はすぐに動物病院へ。
    シャンプー後は必ず体をブルブルさせ、耳の中の水分を飛ばさせましょう。

当院では、飼い主様の自宅でのお手入れをサポートするため、シャンプー・道具を販売しています。
選び方や使い方などわからないことはスタッフまでお気軽にご相談ください。

QRコード
facebookページへ
ゆうなぎ動物病院ブログ
パピークラス
スタッフ募集
ペットホテル
トリミング
リンク集

ゆうなぎ動物病院について

ゆうなぎ動物病院は大阪市港区夕凪にある動物病院です。「ゆうなぎ動物病院」では、飼い主様には親しみやすく、ペットに優しい、暖かい雰囲気の病院を心がけています。年中無休で土日祝も診療してます。ペットの診療だけでなく、ペットホテルやしつけ教室、トリミングもご提供しています。港区だけでなく、西区・大正区・此花区・住之江区(南港)の飼い主様も多数来院されています。

Copyright 2011 Yuunagi Animal Hospital. All Rights Reserved.
動物取扱業登録
  • 事業所の名称 有限会社ゆうなぎ動物病院
  • 事業所の所在地 大阪市港区夕凪二丁目18番9号
  • 登録に係る動物取扱業の種別 保管
  • 動物取扱責任者の氏名 楠原武哲
  • 登録番号 120001B
ゆうなぎ動物病院